執事とは?

執事とは 関連ページ
目次
  1. 執事とは 関連ページ
  2. 執事とは?
  3. 執事(バトラー)の名前の由来
  4. 執事の役割と責任
  5. 執事に必要なスキル・資格
  6. 執事に向いている方、執事に向いていない方
  7. 執事を依頼する理由
  8. 執事に関するよくある質問
  9. 執事とは?まとめ
執事とは?

執事と言えば、燕尾服を着て白い手袋をして屋敷に住む貴族の主をサポートする姿が思い浮かびます。英語では「バトラー(Butler)」と呼ばれ、屋敷で働き、フットマン(従僕)やボーイ(使用人見習いの少年)を監督する役割を担っていました。執事の数は屋敷の規模や主の資産の大きさにより異なります。

執事(バトラー)の名前の由来

「バトラー(Butler)」という名前は、古フランス語の「bouteiller」(ボトルを意味する)から来ており、お酒のお酌係を意味しています。

なぜ、フランス語かというと所説ありますが、1066年にノルマンディー公(フランス)がイングランド王になったことにより、イギリスにフランス語が流入しました、貴族階級はフランス語を話す人たち、庶民は英語(中英語)を話す人たちになりました、そのため、貴族階級の一部である執事の発音も英語由来ではなくフランス語が由来となったと考えられます。
さらに、バトラーという概念が日本にもたらされた際に、専門性、補佐するという意味があった執事という単語になりました。

なぜフランス語?
所説ありますが、1066年にノルマンディー公(フランス)がイングランド王になったことにより、イギリスにフランス語が流入しました。
貴族階級はフランス語を話す人たち、庶民は英語(中英語)を話す人たちになりました。
そのため、貴族階級の一部である執事の発音も英語由来ではなくフランス語が由来となったと考えられます。
さらに、バトラーという概念が日本にもたらされた際に、元々、公家や鎌倉幕府の役職の役職として執事の名称があり
意味は専門性、補佐するという意味があったので、その単語が使われるようになったと考えられます。

執事の歴史について詳しくしりたい方はこちら

執事の役割と責任

執事の主な役割と責任は以下の通りです

全体の管理:邸宅全体の管理責任者であり、メイド、ドライバー、シェフなどのチームを監督します。また、マンションや別荘などの資産管理も行います。

プライベートサポート:お客様やご家族の日々のスケジュールを管理し、お買い物やご旅行の同行、ビジネスのサポートなどのサービスを提供します。

セキュリティ:お客様の身の安全を守るためにボディーガードや警備会社との連携、邸宅の管理、資産の管理などを行います。

子女教育:お客様の御子息や御令嬢の幼稚園・小学校受験に対応し、プロフェッショナルや専門家を紹介します。

執事に必要なスキル・資格

執事には以下のスキルや資格が求められます

  • 自動車免許(第一種運転免許)
  • 一般教養(大学卒レベル)
  • 語学力(最低でも読み書きができるレベル)
  • ITスキル(Office系ソフト)



上記のものをベースとして、そこから専属のお客様が求める専門性あるスキル・資格を保持することになります。
専門性のあるスキル
実例:船舶免許、動画編集スキル(映像会社経験)マンション管理士 プライベートバンカー 等々


そして、一番大切なスキルは、コミュニケーション能力です、具体的にお話をするとまず、
「コミュニケーション能力=うまい話をする能力」ですが、そうではなく
「コミュニケーション能力=お客様の話を聞く能力」の方が正しいです。
あくまで執事は聞き役であり、お客様のお話を聞くことで、お客様の事をより深く知ることができます、執事だけがいつもお喋りばかしていて、お客様がいつもと違うご様子に気づかない事があってはなりません。

執事に向いている方、執事に向いていない方

向いている方:

常に相手の為に行動できる
自分が裏方だと自覚できる
誰にも知られなくても行動できる

向いていない方:

自分が偉いと思う
楽な方法ばかり選んでしまう
自分が主役だと勘違いしてしまう

ついつい、執事が主役だと思ってしまいますが、あくまで執事は裏の存在です。
まだ、日本では珍しい職業であり、専門性が高いこともあり、執事になることで自分が主役として注目されたい方が執事という存在を利用してしまう事が多いのですが
当社の考える執事像は必要がない限り表にはでずに誰にも褒められる事がなくても裏で誰かのサポートをすることが真の執事です。
執事であることに誇りを持っても、それに驕ってはいけない。

執事を依頼する理由

親身な対応と多様な業務遂行

執事を依頼する理由は、信頼できるパートナーとしての役割を果たすことにあります。執事は親身になって依頼者の立場で行動し、お客様の立場になって様々な業務を遂行します。
執事の存在により、日々の生活がスムーズに進行し、依頼者は本来の業務や趣味に集中することができます。

プライバシー保護の重要性
執事はプライバシー保護にも大いに役立ちます。
複数の人に個別に依頼するより、専属の執事が間に入り対応することで情報漏洩のリスクを減らし、安心して業務を任せることができます。

信頼性と忠誠心の高いサポート
さらに、執事は高い信頼性と忠誠心を持って業務に取り組み、依頼者との強固な信頼関係を築きま軟に対応し、彼らのニーズや希望を満たします。

執事に関するよくある質問

Q:執事を365日、24時間雇うのは可能?
A:可能です、その場合は執事3人交代になります。

Q:執事の顔などが記載されているプロフィールはないの?
A:お仕えしている方の機密保持のために執事に関する個人情報は出しておりません。
   そのため、プロフィールなども役員クラスの執事のみになっております。
 


Q:専属の執事というのは?
A:おひとりのお客様とその御一族を専属の執事がサポートをさせて頂きます。

Q:女性は執事になれますか?
A:中世、近世では女性の執事はいませんでした、その代わりに女性の主の身の回りのお世話をするレディースメイドがおりました、当社では女性でも執事になります。

執事とは?まとめ

執事は貴族の主をサポートする存在であり、古くからその役割と名前に歴史的な背景があります。現代では全体の管理、プライベートサポート、セキュリティ、子女教育など多岐にわたる役割を担い、幅広いスキルと資格が求められます。執事に向いている人は常に相手のために行動でき、裏方としての自覚を持つことが求められます。

日本バトラー&コンシェルジュ株式会社
Translate »